オーロラシューズ

オーロラ シューズとは

オーロラ シューズ発祥の地は、ニューヨーク郊外にある小さな村『オーロラ』。

オーロラ シューズはこの村で手作りされている革靴です。

雑誌で紹介されたり、人気モデル、スタイリストが愛用しているとのことで、現在、日本の女性に大人気のシューズです。

オーロラ シューズには、『ミドル・イングリッシュ』『ウェスト・インディアン』(16世紀の僧侶の靴がモデル)『ニュー・チャイニーズ』の3種類があります。

オーロラ シューズの色は『黒』『ブラウン』『オリーブ』『バーガンディ』『紺』があります。

オーロラシューズのオーナーはメリー・ジェーンといいます。

1ヶ月に作ることができるオーロラ シューズの量は600足が限界のようです。

その理由は、オーロラ シューズの職人がほぼ手作業で製作しているからです。

そのため、日本では限られた取扱店のみでしか手に入らず、何ヶ月も予約待ちというのが現状のようです。

オーロラ シューズは、1枚革で作られており、最初はきつめに感じることも多いようですが、1枚革で作られているため、履いているうちに足に馴染み、はきやすさ・足のフィット感で定評があります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。